千總(ちそう)


創業弘治元年(1555年)。
西村家が京都三條通烏丸で始めた織物業が、現在の「千總」へと発展してまいりました。
江戸時代、「糊防染」という染色技術に、扇絵師として有名だった宮崎友禅斎が、着物に斬新な図柄を応用。
それが評判となり、「友禅染」がはじまったと伝えられています。

日本の美を伝え、歴史をひもとく千總の収蔵品



千總の資料室には、膨大な資料が大切に保管されています。時代衣装や屏風、雛形本、下絵、友禅の祖、宮崎友禅斎が挿絵を書いた歌本など。貴重な文化財を文化面に活用し、貢献していくために、本社屋2階に千總資料館が設置されています。

美しさのいざない―優美なるときへ

 


春さくらの咲くころ下絵を書きはじめ、次の年の春に一反の友禅ができあがります。手描き友禅は長い時間と丹精をこめて、職人だけが持つ技と心が創り上げた、日本の美の結晶です。

千總取り扱い商品

千總振袖