京友禅の最高峰「千總」(ちそう)

創業弘治元年(1555年)ときは室町時代。
西村家が京都三條通烏丸で法衣装束商として始めた織物業が、現在の「千總」へと発展してまいりました。
江戸時代、「糊防染」という染色技術に、扇絵師として有名だった「宮崎友禅斎」が、着物に斬新な図柄を応用。それが庶民にも評判となり、「友禅染」がはじまったと伝えられています。

宮中御用達の染元「千總」

大きな変化が訪れたのは明治初期。東京遷都と廃仏毀釈の影響で、顧客であった寺院と公家からの注文が激減。

京都の暗雲時代に当主となった「十二代西村總左衛門」は、法衣から友禅染へと家業の軸足を移すとともに、友禅染の改革に乗り出しました。

当時人気だった日本画家に下絵を依頼することで、それまでの意匠を一新。また、ドイツから輸入されてきた化学染料を用いた新技術「写し友禅」を用いて、精緻で色鮮やかな文様表現を可能にします。

時代にふさわしい魅力を得た友禅染は、人々に広く浸透し、染織を代表する技法となってゆきます。一方では千總が草案した「天鵞絨(ビロード)友禅」や、刺繍の技法を駆使した美術染織品にも取り組みます。

こうした新しい技術の開発は、内国勧業博覧会や万国博覧会に出品され、海外でも高い評価を得るなど、世界へ拡大するきっかけとなりました。

それらは宮内省の御用命を拝することへつながっていきました。

こうして明治時代から大正にかけて、「友禅の千總」としての確固たる地位を築きました。

 

日本の美を伝え、歴史をひもとく千總の収蔵品

千總の技術を伝える代表的なエピソードがあります。

昭和、第2次大戦大戦中、挙国一致体制が敷かれると、きものは贅沢品として製造と販売が禁じられました。これにより京都の染織業は大きな打撃を受けます。「十三代西村總左衛門」は、商いの行く末もさることながら、職人とその技術が失われることを何より危惧したといいます。

技術保存資格者となるのが、それらを守る唯一の方法と知った十三代は、「西村總染織研究所」を設立するなど東奔西走の末、きわめて厳しい条件を満たして認定を取得。戦時中も染織品の製作を続けることができました。

現在も千總の資料室には、膨大な資料が大切に保管されています。時代衣装や屏風、雛形本、下絵、友禅の祖、宮崎友禅斎が挿絵を書いた歌本など。

貴重な文化財を文化面に活用し、貢献していくために、本社屋2階に千總資料館が設置されています。

「千總」ギャラリーこちら

美しさのいざない―優美なるときへ

手描き友禅は長い時間と丹精をこめて、職人だけが持つ技と心が創り上げた、日本の美の結晶です。

平成27 年(2015)「千總」は創業460年を迎えました。千總の歴史は、時間の漠然たる連続ではなく、日々の地道な積み重ねと革新の連続であると教えてくれます。

千總取り扱い商品

千總の振袖はこちら

 

千總公式HP