大島紬

奄美大島(鹿児島県)を発祥の地とする約1,300年の歴史を誇る、日本の伝統的工芸品絹織物です。

(734年奈良東大寺の献物帳に記録されている)

奄美大島で作られれている『本場奄美大島紬』といい、鹿児島や宮崎は『本場大島紬』と呼びます。

 

 大島紬の定義(昭和55年通産省が伝統的工芸品に指定時に制定)

(1)絹100%である

(2)先染手織りである

(3)平織りである(経(タテ)緯(ヨコ)糸は一本ごとに浮沈する織物の基本)

(4)締機(しめばた)で手作業によりタテ・ヨコ絣の加工をしたもの(大島紬の絣を作る作業)

(5)手機(てばた)でタテ・ヨコ絣をカスリ合わせて織り上げたもの

 

 

大島紬の特徴 泥染めとは

世界中で奄美大島だけでおこなわれている天然の染色方法です。

テーチ木(車輪梅の木)で染色した後、泥田につけ込み全体に泥がなじむように染めていきます。
テーチ木染め約20回に泥染め1回を1工程とし、それを4回(合計80回前後)繰り返します。
絹糸の蚕白質の上にシャリンバイ(バラ科の植物)に含まれているタンニン酸色素と泥田の中の鉄分(酸化第2鉄)等が化学結合を85回以上繰り返し染色することにより色落ちせず深く光沢のある渋い黒色に染まることです。
また、泥染めの工程を経るうち絹糸はしなやかさを増し、織りの着物の中では格別の柔らかい着心地が楽しめます。

絹の美しい光沢は動物性、シャリンバイ染の柔らかさは植物性、鉄分による鉱物性の3つの特徴を兼備えた強い繊維になり、しっとりと柔らかな肌触りになります。

 

その他、泥藍染め、色泥染め、白泥染め、草木染め(テーチ木、藍以外)、正藍染めなど様々な天然染色があります。

 

 

2度織られる大島紬

「絣締め」という工程は、本場大島紬にしかない工程です。
「しめばた」と呼ばれる締め機で、模様になる部分(=染めない部分)の絹糸を、綿の糸を用いて締める(=防染する)ことで、絣糸を作り出します。
絣糸を作る工程(=締め機による織り込み)と、反物を作る工程(=絣合わせしながら織り機で織る)が
あるため、「大島紬は2度、織られる」といわれています。