加賀友禅

三代友禅の一つである加賀友禅。その独自性と艶やかさで現代も人々を魅了し続けております。

【特徴】

①美しい自然をそのまま表現する「加賀五彩」

臙脂・藍・黄土・草・古代紫を基調とし、美しい自然の息吹きを封じこめています。

写実的な草花模様が中心で、外を濃く中心を淡く染める「外ぼかし」や「虫喰い」の技法も使われます。

②金彩・刺繍を使わないすっぴん勝負

京友禅と対極的に豪華な金彩・刺繍をほとんど使用しません。

③武家文化

京友禅は貴族文化、東京友禅は町人文化中心だが、加賀友禅は武家文化によって支えられてきました。

派手な加工を施さないのも武士好み。

④作家作品

京友禅は分業制に対して、加賀友禅、東京友禅は基本的に一人の作家が大部分を担う。

 

 

取扱い商品・作家

毎田仁郎、毎田健治、中町博志、宮野 勇造、古泉 良範、高田克也、松井眞夫、白坂 幸蔵

 

牛首紬

 

能登上布