米沢紬(よねざわつむぎ)

米沢紬とは、山形県の米沢盆地周辺で産出される紬織物の総称。琉球紬に似ているので、「米沢琉球紬」、長井町辺りが集散地にちなんで「長井紬」ともいう。白鷹紬、白鷹御召とあわせて「置賜紬(おきたまつむぎ)」ということもある。

第九代米沢藩主「上杉鷹山」公の産業開発により、青苧の縮織に始まり、その後領内で養蚕から織りまで行う絹織物産地に転換。

植物染料を主体とした、やわらかな風合いの先染織物が確立し、江戸後期には全国に知られる一大絹織物産地となりました。

 

【取扱い商品・ブランド】

・野の花工房

・新田紬