~久留米絣に思いを込めて~「信ノ助くんお宮詣り」

本日は、若江 信ノ助くんのお宮参りでした!
ご家族の皆様、本当におめでとうございます。

信ノ助くんが生まれてこられるのを楽しみにずっと待っていたのに、
ご誕生されもう一か月とは月日が経つのは本当に早いな。と思います。
お二人には常日頃本当にお世話になっており、私は信ノ助くんとも何度かお会いさせていただいているのですが
いつもミルクを小さなお口でぐいぐい飲んで、お父さんお母さんに元気よく泣いて
自分の思いを精一杯伝えている信ノ助くんにいつも感動しています。
(そしてお父様のイクメンさにも感動し、お母様のどんなことがあっても包み込んでくれるだろうという包容力にも感動です。)

若江ご夫妻は久留米がとっても大好きなご夫妻です。
そんなお二人の大切な信ノ助くんが初めて神様にご挨拶をさせて頂く晴着(お宮詣着)は
山村健さんの久留米絣でお仕立てをさせて頂きました。

「藍の調べ」山村 健

生地選びについてなどはこちらの記事に書かせていただいていますので
是非ご覧ください▼▼▼
「 ~久留米絣に思いを込めて~Tさん、HさんBabyのご誕生に向けて 」

久留米宗社 日吉神社でしっかりと神様に一か月健康に過ごさせていただいた感謝を伝え、
これからの信ノ助くんの健やかな成長をお祈り


おばあさまもご遠方から久留米へ来られていて信ノ助くん幸せですね♡
お父様も、山村健先生の久留米絣、お母様も、山村健先生の久留米絣、
中に着る肌着、おくるみは松枝哲哉・小枝子先生の藍染という
ご家族皆様みんなで久留米絣で本当に素敵です。

私は着物は、
「衣装は相手への敬意に比例する」
言葉を発さないメッセージ」
時を越えるメッセージ」
だといつも思っています。

「衣装は相手への敬意に比例する」
➡お会いする方が良い気持ちになれるにはまず衣装だと思います。
自分の好みももちろん大切ですが、品格や格調あるものを選ばれたりすることで
相手へと思いを伝えられるものだと思っています。

言葉を発さないメッセージ」
➡若江家のお二人が信ノ助くんの晴れ着を選ばれたときのように
着物を選ばれる時には「どう育ってほしいか?」「どんな風になってほしいか?」
ご家族様の思いが自然と着物のお柄などとリンクしていきます。
ご家族様が選ばれたお着物を見る事によってご家族のお気持ちが自然と伝わるものだと思います。

「時を越えるメッセージ」
➡月日が経っても、着物を通して今日の事など、節目の日を思い出せるものです。
着物には一つ一つストーリーが籠ります。
信ノ助くんが20歳になった時にも、生まれたときはどうだったかなど、
今日のお宮参りの日などを着物を通してお話しができるものです。

たくさんたくさんご家族様の愛が詰まった信ノ助くんの初めてのお宮詣着。
今度お召しになるのは、お食い初めかな?
お宮詣着のお着物は、お宮詣りしか御召することができないわけではなく、
ご家族の大切な日に着させていただけたらと思います。

若江様、大切な方のお着物のお手伝いをさせて頂き深謝いたします。

おめでたい素敵な日に益々幸せが、重なりますことをお祈りいたします。
おめでとうございます!


刑部 優美帆

missJAPON

missJAPON とは、「世界で咲き誇る大和撫子へ。」を理念とし、日本伝統文化である”きもの”を通じたひとづくり教育事業です。
”きもの”モデルとして地域活動から、着付け、作法、産地研修など、幅広い活動を行っています。
-since2000-

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です