藍の世界 2024年5月10日(金)~6月30日(日)

藍色に魅せられて

今年もお誂え浴衣の季節がやって参りました。
日本の浴衣と言えば藍色、紺色が爽やかな夏を感じさせる伝統の色。

そこで今回は藍色の反物や名古屋帯に着目してみました。絞り浴衣は、きもの好きなら一度は憧れる〈藤娘きぬたや〉の反物をピックアップ。深い藍色が細かい絞りならではのコントラストをより際立てています。

誂えた浴衣は着付けもしやすく、夏のきものとして半襦袢や絽の襦袢の上にお召しになることもできます。

絞りゆかた〈藤娘きぬたや〉

特別価格 160,600円(税込)
〈仕立て代込〉


浴衣を上質な大人のコーディネートにアップさせる名古屋帯。遊び心があるマーブル模様がおしゃれで、青系のグラデーションが藍色の浴衣にベストマッチ。もちろん、小紋や着尺、紬に締めても良い1本です。

紋八寸名古屋帯「藍好み」

特別価格 165,000円(税込)
〈仕立て代込〉


紋八寸紗名古屋帯「花尽くし」

特別価格 99,000円(税込)
〈仕立て代込〉

藤娘きぬたやとは

~絞りの極み 美の極致~

「誰も創ることが出来ない絞り、誰も創ろうとしない絞り。」を追求し続け絞りの最高峰に君臨する藤娘きぬたや。

他を追従させないほどの絞りや染色の技術力。
近年、国民的スポーツ選手などがお召になるなど注目を集めています。

きぬたやの絞り染めは、これからも優れた⽇本の美を世界に伝える唯⼀無⼆の存在であり続けます。

夏結城

「熨斗条流し」「有栖川蜀江文様」

十日町紬・小千谷縮・塩澤紬など織物の一大産地である新潟県。

そんな盛んな町で、越後上布や塩澤絣で培った技術を活かし、結城紬の良さと清涼感や透け感を結合させ、誕生したものが〈夏結城〉です。

結城紬といえば暖かいというイメージを刷新しつつ、絹織物ならではの光沢もあり素晴らしい出来栄えです。ぜひ光にかざしてご覧ください。この夏オススメの逸品です。

紋紗

博多織紋紗着尺「爽献上美紗」- 筑前織物 監修 –

紋紗の技術を用いて織り上げられた、新製品。

長着としてだけではなくコートや羽織としても、単衣から盛夏、袷の入り口までお使い頂くことができます。羽織りモノのお悩みを一気に解決する優れた織物です。

雨の日がオトク!雨割

雨割

税抜き価格から

10%OFF

しみ抜

丸洗い

プレス

お手入れは3項目限定

商品は以下の6点が割引対象です

宮参着

ゆかた

草履類

帯締め

帯揚げ

髪飾り

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

NEWS

前の記事

振袖春休みフェア